Vol.0204
2016.07.13

≪どこまでが愛情?どこからが束縛?≫ ~女の本音 NG境界線~

  • Facebook
  • Google
女性が気になるあらゆる問題について、何がアリで何がナシなのかアンケートを実施。
そこから見えてくる女の本音とは!?
束縛されると逃げたくなってしまったり、束縛されないと愛情を感じられなかったり、束縛に対するイメージは人それぞれ。でもやっぱり度が過ぎた束縛は考えもの…。そこで今回は、そもそも女子は束縛されるのが嫌なのか、どこからが束縛と感じるのかを検証します!

Q1.彼や旦那に束縛されたことがある?

YES! 50%
NO! 50%
  • そもそも何をもって束縛というのか―。パートナーに対して愛情があれば、それなりの独占欲は出てくるもの。それが度を過ぎて相手に何かを強要し始めた段階で、束縛になるのではないでしょうか。ただし“強要されている”と感じるボーダーラインは人それぞれなので、同じことをされても束縛されていると感じる人もいれば、特に気にならない人もいる。それがこの結果なのでしょうか。束縛されたことがある人50%って、意外と少ない気がします。

Q2.束縛されるのは嫌?

YES! 80%
NO! 20%
  • 圧倒的に束縛を嫌う人が多い一方で、20%の人が束縛は気にならないと答えているから女子は難しい…。少数派ではありますが、束縛を嫌がらない女子もいるということを男性陣はお忘れなく。とはいえ、大半の女子は束縛されるのを嫌がるもの。愛情あるが故、「あれはするな」「これをしろ」とあれこれ強要するのはNG! いろいろ心配事もあるかもしれませんが、ここはひとつパートナーを信用して、一人の女性として尊重してほしいものです。

Q3.どれが束縛と感じる?

異性との付き合いを制限される 100%
ケータイをチェックされる 90%
行動を把握される 80%
頻繁なメールや電話 40%
週1で会う 10%
  • 仕事上、異性と関わることもあるし、そこを制限されてしまっては大人として困ります…。ケータイチェックや行動を把握されるなんて、もはや束縛の域を超えてプライバシーの侵害! 大半の女子が束縛と感じるのは当たり前…。これを束縛だと感じない女子もいるようですが、男性諸君には、最低限この3つだけはしないことをおすすめします。

「おひとりさま女子」に関するエピソードはコチラ!

  • 学生の頃、制服のスカートはひざより下、露出した服は禁止、髪の毛を結ぶのは子供っぽいからとダメと、全てにおいて彼の好みにされた。

    20歳・会社員・あいちぃさん

  • 大学時代に同棲していた彼氏。自分は浮気三昧なくせに、私が友達の家に泊まりに行くたびに、風邪をひいて具合が悪いと電話がかかってくる。帰ってこいとは言わないけれど、帰らなければ「俺の事より友達が大事なんだ」と責められるので、しぶしぶ帰っていた。

    35歳・会社員・全ては厄年のせいさん

  • 会社の飲み会でも必ず行き帰り送迎される。仕事中にも頻繁に連絡してくる。女友達でも誰とどこで何時に会うのか何時に帰るのか、事前に話して許可をもらわなくてはならない。また、その場にまでなぜか一緒についてくる。メールや電話がくる度に誰からかどんな内容か報告しなければならない。仕事や家族以外の異性とは連絡をとってはならないし、携帯の連絡先を登録してはならない…。

    42歳・主婦・ぴかりんさん


イラスト

犬山紙子(いぬやま・かみこ)

1981年生まれ、青春を宮城で過ごす。イラストエッセイスト。
トホホな生態を持つ美女たちを描いた「負け美女」でデビュー。
現在、『SPA!』や『anan』などで連載中。
コメンテーターとしてテレビにも出演中。

ブログ
http://lineblog.me/inuyamakamiko/
ツイッター
@inuningen

ホンネのエピソード募集中!!

女性が気になるあらゆる問題について、何がアリで何がナシなのか調べるアンケート。
毎回一人の方のエピソードを、宮城県出身のイラストエッセイスト「犬山紙子」先生にイラスト化していただいたうえで、結果を公開していきます。
アンケートへのご協力をよろしくお願いいたします!

8月8日(月)〆切


  • Facebook
  • Google


PR

PICKUP

毎週火曜 21:54 ON AIR
『仙臺いろは』が「Yahoo!地図」アプリ、無料動画「GYAO!」と連動!

RANKING

NEW POSTS

SNS ACCOUNT

  • youtube
  • instagram