Vol.0438
2017.09.29

【ニューオープン】アジア時間がゆらり流れる海カフェ 今週のカフェ&スイーツ*44話『MOLA MOLA CAFE』

  • Facebook
  • Google


目の前の大きな窓を開けて。そよいでくる爽やかな潮風が体のすみずみまで染み渡り、なんとなく心が開放されるのを感じたら、そこが今日の特等席。


今年7月、松島湾を望む小さな入り江のほとりにオープンした『MOLA MOLA CAFE』(モラモラカフェ)は、店内のどこからでも海の匂いを感じられるオーシャンビューなカフェ。窓の向こうには青く穏やかな海、そして緑の木々が生い茂る対岸が広がり、いつのまにか非日常の時間軸へトリップしてしまう感覚に襲われます。


くだけた心で何も考えず、ぼーっと景色を眺めながら時を過ごしてほしい。そんな想いとリンクするように、店内はどこか東南アジアを思わせるゆるい雰囲気。


ベトナム・ホイアンの街で買ってきた提灯のほのかな光がゆらゆらと壁を揺らし、昼とも夜ともつかないのんびりとした時間を演出してくれます。


店内を漂うのは、波の音を邪魔しないよう、ごく少量に絞った音楽。たとえば野外フェスで遠いステージから聴こえてくる曲を聴いているような、絶妙なボリューム感が耳に心地よい。


窓際を陣取るもよし、少し離れた場所でカフェ全体の雰囲気を楽しむもよし、お気にいりの席を見つけたらカウンターでドリンクを注文。今日はすっきりしたい気分だったので、ほのかな甘みが美味しい桃さんぴん茶(¥400)と、季節によって柚子やシークァーサーをミックスするオリジナルレモネード(アイスorホット/¥500)をオーダーしました。


せっかく塩竈や松島に来たら、いろんなものを見たり食べたりしてたくさん寄り道して欲しい。だからフードはあくまで軽く、生春巻きやバイン・ミー(ベトナムのサンドウィッチ)などのアジアな軽食に。そんな『MOLA MOLA CAFE』ですが、ここに来たら必ず食べて欲しいもの。それはアイスクリーム! 仙台市内でも限られた場所でしか提供されていないベルギー産ジェラートは、とても濃厚で一度食べたら忘れられない本格派。


オーダーしたのはマンゴーとカシス。ソルベマンゴーはマンゴーそのものを食べているかのようなトロピカル感、カシスクリームは甘酸っぱいカシスと生クリームのリッチなまろやかさが溶け合って……そうこうしているうちに他メニューのマダガスカルバニラやソルベ・ココ(ココナッツミルク)、チョコスプリットまでも俄然気になりだすこと必至なので、最初から潔くダブルグラスにすることをお薦めします。オトクです。(シングルグラス¥300・ダブルグラス¥500)


そのアイスクリームを贅沢に使ったパフェ(¥500)もチェック。季節によってトッピングが変わりますが、今日はソルベ・ココとソルベマンゴーをベースに生パイナップルとバナナチップをon。


「なるべく海に近いところでカフェをやりたくて。この辺りは子どもの頃によく遊びに来ていて、昔からの知り合いもいるし馴染みがあったんです」
そう話してくれたのはオーナーの末永さん。一番町の老舗カフェ『MILLS』のオーナーでもある末永さんが選んだ場所は、観光客で賑わう松島海岸駅周辺から一駅ぶん離れた浜田漁港。静かな入り江にはボートが何艘も浮かび、これからのシーズンには対岸の紅葉も楽しめるとか。
「冬になれば雪化粧した木々もきれいでしょうね。それに月が美しく見える場所なので、満月の夜は特別に夜も開けてキャンドルナイトなどのイベントもするんですよ」


ちょっとだけ毎日をリセットして気分転換したい時。わざわざ遠く離れたリゾートに行かなくても、こんなに近くにあったリ・スイッチの場所。後ろに何も予定がない日にこそ訪れたい、海辺の小さな隠れ家です。


“ミニミニ菜園”見つけました

パフェにのせたミントは自家栽培のもの。裏の小さな畑でパクチーなどの香草類も育ててお料理に使っています。

MOLA MOLA CAFE

宮城郡利府町赤沼字浜田100-55
TEL なし
11:00~17:00(L.O.16:00)
水曜定休

※このページの情報は2017年9月29日現在のものです。
【ライター 鈴木紘子】【撮影 門山夏子】

ACCESS MAP


  • Facebook
  • Google

PR

PICKUP

毎週火曜 21:54 ON AIR
『仙臺いろは』が「Yahoo!地図」アプリ、無料動画「GYAO!」と連動!

RANKING

NEW POSTS

SNS ACCOUNT

  • youtube
  • instagram