Vol.0556
2018.05.30

「梅雨〜夏のヘア悩み、このアレンジで解決! 仙台サロンガールSNAP」ビューティ相談室#23【ヘアアレンジ】

  • Facebook
  • Google

湿気、雨、汗。「まとまらない」「崩れる」「暑い」など、梅雨〜夏シーズンのヘア問題って、どうしたらいいの? ということで、仙台の人気ヘアサロンで働く女性スタッフのリアルヘアをリサーチ! サロンガールのみなさんは、アレンジで賢くおしゃれに対策をしていました。


もはや崩れようがない「タイトなひとつ結びアレンジ」

朝からがんばって、時間をかけてアイロンで巻いても、瞬時にカールがとれてしまう悲しさったら、もう。巻きがとれやすい人、湿気でクセが出てしまう人は、タイトアレンジでキュッと抑えるのが吉。ただひとつに結ぶだけなら普通だけど、ゴムや三つ編みをプラスすれば崩れにくく、かわいさもアップ。




BRooCH スタイリスト
MINAさん

「まず、耳上の毛を後ろでひとつに結んでハーフアップに。その後、下の毛も一緒にとりながら、ハーフアップの毛束を等間隔にゴムで結んでいきます。くるりんぱアレンジはみんなやっていますが、これはゴムで縛っていくだけなので、もっと簡単! 前髪は直毛でカッパのようになってしまうので、アイロンでグリグリに巻いて動きを出します」

アイロンで巻く前に
ベーススプレーをシュッ!

「巻く前にベーススプレーを振っておくと、巻きがしっかりついて長もちします。私が使っているのは、N.ベースヘアスプレー1(ナプラ・美容室専売品)。キープ力がアップ」








Garden hair ネイリスト
加藤優花さん
Instagram:giliabygarden

「ポニーテールを三つ編みにしただけの“ラーメンマン”風アレンジ(笑)。一度ゴムで結んでおくことで、三つ編みがしやすく崩れにくくもなります。三つ編みはキツめに、毛先ギリギリまで編むのがポイントです。前髪はクセがひどいので、パーマが欠かせません。この時期は前髪パーマが楽ですよ〜」

ポニーテールの
結び目はゴムを隠す!

「ポニーテールにした後、毛束から1束とって結び目にぐるぐる巻きつけていきます。毛先は内側でピンどめ。このひと手間で、簡単なアレンジも凝った印象に!」




短くてもおしゃれにできる「ボブのひとつ結びアレンジ」




BRooCH スタイリスト
CHIAKIさん
Instagram:brooch_chiaki

「サイドの毛を編み込みに。毛先をダッカールなどで仮どめしながら逆サイドも編んだら、後ろですべてまとめてゴムでひとつに束ねます。編み込みのかわりに、二つ編みや三つ編みでもかわいいです。きっちりしすぎないように、顔周りはおくれ毛として少し残しておくのがポイント」

ふわり、おくれ毛で
“柔らかそうな髪”に!

「髪が硬いので、顔周りのおくれ毛は細かく巻くのが秘訣です。前髪はアイロンでワンカール。湿気シーズンはブローのみではなく、しっかりアイロンを入れるのがマスト」




巻いてスッキリおしゃれ「ターバン風スカーフアレンジ」

広がる、ハネる、うねる。湿気によって豹変する髪の毛は、もはや手がつけられません。そんなときは「長いものに巻かれろ」ではないですが、スカーフを巻いてみましょう。ターバン風に太めに折って巻くのがおしゃれ女子のトレンド。いろいろ、シャレオツにごまかせますよ。




Garden hair レセプショニスト
松倉 梢さん
Instagram:gardenhair_kozue

「ショートヘアは襟足が浮いたりハネたりしやすいので、スカーフを巻いて抑えます。巻き方のコツは、襟足を押さえつけるように後ろから巻くこと。バランスを見ながら毛先を外に出します。直毛のためパーマをかけているので、湿気があってもクシャッといい感じになるんです」

ウェットスタイリングで
パサつき・広がりをセーブ!

「湿気シーズンはバームワックスやオイルを使って、ウェットな質感に仕上げるのが◎。ザ・プロダクトのワックスをちょっと多めにつけて、パサついた毛先にツヤを出します」








KiRANA SENDAI アシスタント
飯田亜美さん
Instagram:popo2kuku

「ベースの長さは鎖骨下ですが、レイヤー(段)が入っているため、まとめたときにぴょんぴょんと短い毛が出てしまうのが難点。おだんごを作るときは、ポニーテールからねじってキツめに巻きつけるのがコツです。後ろはキレイにまとまらなくても、スカーフを巻けばごまかせるので問題ナシ」

スカーフ×イヤリング
でおしゃれコーデ!

「スッキリまとめたアレンジに、スカーフと大きめのイヤリングを合わせて、全身のバランスをとります。“洗顔スタイル”にならないように、顔周りにはおくれ毛をちょろっと」



服装に合わせてコーディネートをするのが楽しいスカーフ。大人女子の定番ひとつ結びも、ひと工夫加えたアレンジならこなれた雰囲気に。今シーズンは「ひとつ結びアレンジ」と「スカーフアレンジ」で、梅雨〜夏のヘア悩みをスッキリ解決! おしゃれもゲット!

SALON DATA

●BRooCH(ブローチ)
022-748-6839
仙台市青葉区一番町3-10-22 文化堂ビル2F
https://beauty.hotpepper.jp/slnH000219674/



●Garden hair(ガーデン ヘア)
022-266-3663
仙台市青葉区中央2-2-5 あおば通駅前ビル2F
http://garden-hair.com/



●KiRANA SENDAI(キラーナ センダイ)
022-722-0815
仙台市青葉区中央2-10-20 三栄広瀬通ビル3F
http://kirana-group.com/


※このページの情報は2018年5月30日現在のものです。
【ライター 池田直美】【撮影 門山夏子】

【仙臺いろは】ビューティ相談室

ビューティ相談室では、美容と健康にまつわるお悩み・ギモンを大募集! いまさら聞けない、人には言いづらいってことまで、こっそりたっぷりぶっちゃけちゃってください。専門家とともに解説します!

  • Facebook
  • Google

PR

PICKUP

毎週火曜 21:54 ON AIR
『仙臺いろは』が「Yahoo!地図」アプリ、無料動画「GYAO!」と連動!

RANKING

NEW POSTS

SNS ACCOUNT

  • youtube
  • instagram