Vol.0561
2018.06.15

本の目利きがいる仙台市内のブックカフェ。女子的自由研究Vol.65

  • Facebook
  • Google
雨音を聞きながら読書に耽る、しあわせな時間。ブックカフェ特集後編の今回は、オーナーのこだわりが光る仙台市内の素敵な場所をご紹介します。


ゆるり、時が流れる小さな絵本書店

絵本書店にカフェが併設した小さな空間。司書として長年本に触れてきた店主が選んだ、“いいと思う絵本だけ”約800冊が並んでいます。


「絵本の自由なところが好きです。言葉があってもなくても、詩でも写真でも、表現の方法は自由。もちろんテーマも自由。本の形や素材も何でもあり。そんな絵本の自由な世界を旅することで、日常から離れて自分を取り戻す、ゆったりとした時間を過ごしていただきたいと思っています」


店主に薦められて手に取ったのは、ひとりぼっちの女の子を描いた翻訳絵本『love-ラブ-』(ジャン・ベルト・ヴァンニ/画 ローウェル・A.シフ/文)。内容はもちろん、装丁も美しい一冊です。


古書も多く、今となってはなかなか手に入りにくいレアな絵本もちらほら。店内のほとんどの本が購入できます。


生地を張り替えたソファやチェア、ころんとした丸椅子などの家具も、ひとつひとつが愛らしい。


今日のおやつは『ばななケーキ』(¥300)と『チャイ』(¥600)。体に優しい材料を使った自家製焼き菓子を頬張ったら、時間を忘れてお気に入りの一冊を探してみましょう。

BOOK WITH CAFE MARY COLIN

ブック ウィズ カフェ メアリー コリン
仙台市宮城野区小田原1-9-28
090-2991-0700
11:00~19:00
火・水曜定休

ACCESS MAP





訪れる人を選ばない、街なかの隠れ家カフェ

ドアを開けると出迎えてくれるのは、天井近くまで高さのある本棚。国内外問わず名作と呼ばれるものから最近話題の一冊まで、ミステリー、恋愛もの、歴史もの、エッセイ、児童書に漫画……その数約3,000 冊。これらすべて、オーナー溝江さんの蔵書というから驚きです。


昔から本が好きで、本に関わる仕事をしたいと思ったのがオープンのきっかけだったそう。


そんな本の虫である溝江さんに選んでもらった、いろは読者におすすめの本はこちら。小説家ならではの視点と軽妙な筆致のおかげで、読んでみたい本が次々見つかる三浦しをんのブックガイド『本屋さんで待ち合わせ』。原田ひ香の連作短編集『ランチ酒』は、読みやすさと読後に訪れるしみじみとした余韻が魅力です。


ランチタイムには、看板メニューのふわとろ『オムハヤシ』(¥864)を是非。「ごはん屋さん」としての顔もあるので、腹ごしらえをしたい方も大歓迎です。

book cafe 横顔

ブックカフェ横顔
仙台市青葉区一番町3丁目6-12 菊地ビル3F
022-399-7359
11:00~20:00(L.O.19:00)
不定休

ACCESS MAP



※このページの情報は2018年6月15日現在のものです。
【仙臺いろは編集部】

  • Facebook
  • Google


PR

PICKUP

毎週火曜 21:54 ON AIR
『仙臺いろは』が「Yahoo!地図」アプリ、無料動画「GYAO!」と連動!

RANKING

NEW POSTS

SNS ACCOUNT

  • youtube
  • instagram