Vol.0451
2017.10.26

「逆転・反重力で滞りリセット! めぐりボディをつくる空中ヨガ」ビューティ相談室#16

  • Facebook
  • Google


秋の長雨とともに急激に冷え込んだこの数日。心身ともに不調を感じている人も多いのでは…。「寒いとカラダがキュッと丸くなりますよね。縮こまった状態が続くと、カラダ中の筋肉がこり固まってしまい、めぐりが悪くなってしまうんです。呼吸も浅くなるので、寝て起きても疲れがとれていない状態に。むくみや肩こり、腰痛、だるさなど、いろんな不調が起きやすくなります」と話すのは、ヨガ&空中ヨガインストラクターのブッチ先生。これから冬に向けて寒さが本格化していくなか、そんな“縮こまりボディ”のケアには「空中ヨガ」がおすすめとのこと。



空中ヨガとは、天井から吊るされたハンモックにカラダを預けてポーズをとっていくヨガのこと。多くの有名人やモデルもハマっている今話題のメソッド! 「布がサポート役になってくれるので、筋肉や関節に負担をかけることなく、浮いたり逆さまになったり、普段できないポーズをとることができます」



当たり前ですが、普通に暮らしていたら、浮いたり逆さまになる機会はありません。仕事や家事で立ちっぱなし、座りっぱなしの姿勢が多い私たち。重力に伴って疲れは下へ下へとたまっていき、カラダがどんどん重くなっていきます。そんな滞った流れを、カラダごと逆転させてリセット!「空中ヨガは全身のめぐりを改善させる効果があると言われていて、寒い時期に特に悩ましいむくみ、コリのケアにおすすめです。体幹やバランス感覚も自然と養われるので、筋力アップ、シェイプアップ効果も期待できますよ」



空中ヨガだからできる、サーカスのようなダイナミックなポーズも醍醐味。こちらはコウモリのポーズ。ハンモックに全身をゆだねながら、ゆらゆら〜。アトラクションのような異次元の楽しさもありつつ、慣れると心地よくってリラックス効果も絶大なのです。でも、「これって誰でもできるの?」「難しそう…」なんて思っちゃいますよね。そこで、実際に体験させてもらったレッスンをリポート!



Let’s Fly! 「ライターが体験しました!」

まずは、天井からぶら下がっているハンモックに、ひょいっと乗り込みます。私の全体重で布が破れるんじゃないか、落ちないかとヒヤヒヤしましたが、ぜんっぜん大丈夫! 空中ヨガのハンモックは特殊な布で頑丈にできていて、しっかり固定されているので、乗ってみると想像以上に安定感がありました。
#ハンモック #安定感抜群 #ブランコみたい #楽しい


ハンモックに身を預け、カラダを倒して仰向けに! 空中で一直線に浮いています、私!! ぶら〜んと頭の重みが心地いい、不思議な感覚。
#ひょえ〜 #浮いてる #空中で仰向け


そのまま、布をつかんでくるっと回転! 思わず「ぎゃー」「こわい」と悲鳴をあげる私に、「安心してください、布が支えてますよ」と笑顔でアシストしてくれるブッチ先生。初めての人、怖がりなビビリさんでも優しく教えてくれるので安心です。
#180度回転 #逆転 #宙吊り #なにこれすごい


安定したところで手を離すと…じゃーんっ!! 逆立ちができない私でも、ハンモックのサポートで逆さまのポーズをとることができました! 呼吸をしながら少しキープした後、ゆっくりと頭を最後にして起き上がっていきます。
#反重力 #逆転 #人生初の逆立ち #自分のカラダじゃないみたい

<体験してみて>
布のつかみ方、カラダのポジションをひとつひとつ丁寧に先生が誘導してくださり、先生の声とハンモックに身をゆだねるだけで、びっくりするほど自然にポーズがとれていました。逆さまになったときは無重力になったように、とっても軽やかな感覚。普段は決してできないようなポーズも、柔軟性や筋力、骨格に関係なく、誰でもしなやかにポーズをとることができるのがうれしい! 美しい空中ヨガのポーズは、女性らしさも高められそう♡ ひとつのポーズをとっただけで頭がスッキリ! 冷え性の私ですが、手足の先までポカポカと全身がめぐっているのを感じました。これはすごい!!

おうちでできる“滞り解消”エクササイズ

空中ヨガを体験してみて、いかに自分が滞っていたのかを実感したところで、ブッチ先生に日常でできる滞り解消エクササイズを教えていただきました! こちらはハンモックいらず、おうちでできるエクササイズです。一日の終わりに取り入れて、縮こまりボディをゆるめましょう。

Exercise1:足裏をのばすポーズ
足裏からほぐして縮こまりを解放! 冷えやむくみの改善に効果的。

1. 骨盤をまっすぐ立たせた状態で床に座り、片足を前にのばす。のばした足のつま先はピンと立てるのがポイント。


2. 両手を前に歩かせながら股関節から前屈。呼吸を数回繰り返しながら、イタ気持ちいいところでキープ。
無理に痛みがあるところまで行うと、筋肉が縮んでしまうので逆効果。イタ気持ちいいところでとめて。

足をチェンジして反対も行う。

Exercise2:ねじりのポーズ
ねじりでほどよい刺激をあたえながら、お腹まわり〜お尻をストレッチ。
ウエストのシェイプアップ、腰痛改善に効果的。

1. 片足を前に出し、後ろの足はヒザをついてのばす。前に出した足は、ヒザの下にかかとがくる位置で90度の角度に曲げる。


2. 前足のヒザに、反対の手のヒジをかけ、カラダをツイストさせる。


3. 両手のひらを胸の前で合わせて合掌。胸を開き、呼吸を数回繰り返しながらキープ。
合掌がつらい人は、手をおろしてOK。上半身のねじり&胸を開くことを重視して。

足をチェンジして反対も行う。

Exercise3:体側をのばすポーズ
体側(カラダの脇)をのばすことで、縮こまったカラダを気持ちよく広げる。
下半身のむくみ、腰痛の改善に効果的。

1. 立った状態で両足を開けるところまで開く。右のつまさきは90度右に向け、左のつまさきは正面に向ける。両腕を肩の高さに広げる。


2. 腕をのばしたまま右下にカラダを倒し、 右手で右足に軽くタッチする。
無理のない範囲で、手は届く位置でOK。


3. 胸を開きながら左腕を上げ、目線は左上。呼吸を数回繰り返しながらキープ。

つま先の向きをチェンジして反対も行う。

「寒いと屋内にこもってばかりで運動不足に。食べたぶんを発散できず、いわゆる“冬太り”にもなりやすい時期です。女性の方はブーツによる足のむくみも気になりますよね。そんな冬ならではのお悩みにも、空中ヨガと今回お伝えしたエクササイズがおすすめです」とブッチ先生。
ブッチ先生の空中ヨガのクラスでは、参加者の体調や悩み、アプローチしたい部分をヒヤリングするところからレッスンがスタート。決まったプログラムはなく、参加メンバーのレベルや目的に合わせてレッスンを組んでくれるのが魅力です。「気になる方はぜひ一度、体験しにいらしてください」
気分が上がらなくて疲れもたまりやすい、心身ともにズーンと重くなってしまいがちな冬の日々。空中ヨガで楽しく滞りをリセットし、日頃のおうちエクササイズでめぐりのいいカラダを目指そう!

教えてくれたのは

ブッチyoga
ヨガ&空中ヨガインストラクター
ブッチ先生

“ブッチ先生”こと岩渕章仁さん。心理学のスキルを持ち、心もケアするマインドフルネスクラス、美ボディを目指せるレディースクラス、パワフルなメンズクラスなど、多彩なクラスを展開中。移転オープンしたばかりの新しいスタジオが話題に!

ブレイントレイン東北 ブッチyogaスタジオ

宮城県仙台市青葉区本町1-10-28 FUKUDA本町ビル502
090-7931-4844
10:00~20:30
金・土曜定休
レディースクラス、メンズクラスほか(月2回¥7,452〜)
butch-yoga.com

※このページの情報は2017年10月26日現在のものです。
【ライター 池田直美】【撮影 門山夏子】

【仙臺いろは】ビューティ相談室

ビューティ相談室では、美容と健康にまつわるお悩み・ギモンを大募集! いまさら聞けない、人には言いづらいってことまで、こっそりたっぷりぶっちゃけちゃってください。専門家とともに解説します!


ACCESS MAP


  • Facebook
  • Google


PR

PICKUP

毎週火曜 21:54 ON AIR
『仙臺いろは』が「Yahoo!地図」アプリ、無料動画「GYAO!」と連動!

RANKING

NEW POSTS

SNS ACCOUNT

  • youtube
  • instagram