新食感!モッフルのお店 宮城のカフェ&スイーツ*89話『sun&moon café(太陽と月のカフェ)』

CAFE DATA
『sun&moon café(太陽と月のカフェ)』
ジャンル:モッフルカフェ、八幡カフェ
オープン:2023年6月1日
エリア:青葉区八幡、土橋通り、北八番丁通り
ランチ:○ テイクアウト:○(ドリンクのみ)
Wi-Fi:○  電源:○
支払い:現金、クレジットカード、QRコード決済、電子マネー等

JR仙山線・東北福祉大前駅から徒歩約15分。土橋通りと北八番丁通りの交差点に店を構える「sun&moon café(太陽と月のカフェ)」。
岩手県一関市でライターをしていた店主がオープン。もちをワッフルメーカーで挟んで焼き上げる「モッフル」が味わえるカフェです。

木の温もり溢れる店内は、ジャズが流れ、落ち着いた空間です。
2人掛けのテーブルが1卓、カウンターが5席。

カウンターには、ずらりと並んだカップ。ホットコーヒーを注文の際は、この中からお好きなカップを選んで淹れてもらうことができます。

◆アイスコーヒー(深煎り) 600円

注文が入ってから豆を挽き、ハンドドリップで丁寧に抽出。豆は3種類ブレンドしたもので、アイスコーヒー専用です。バランスのとれた苦みとキレの良い後味。全てのドリンクにビスケットがつきます。

◆キャロットケーキ 550円

ニンジンの優しい甘さとシナモンがしっかり効いたキャロットケーキ。これはロンドンでケーキ作りを学んだ相良さんの姪が考案。しっとり生地にクリームチーズフロストをのせ、ピスタチオをトッピング。砂糖菓子で出来たニンジンは、ひとつひとつ手作りです。ドリンクとセットで50円引き。

◆雑穀グラノーラアイスモッフル 650円

国産もち米100%使用。外側はサクサク、中はもっちり。雑穀グラノーラ、バニラアイス、キャラメルソースをトッピング。ほかにもハムやチーズを挟んだ食事系のモッフルやランチプレートがあります。こちらもドリンクとセットで50円引き。

「一関の町おこしイベントで出会ったのがきっかけで、モッフル作りにハマりました」と話す店主の相良 明さん。

丸いくぼみが特徴的なモッフルは、様々な食材や調味料と相性抜群です。いろいろアレンジができ、主食にもおやつにもなります。ぜひ一度味わってみませんか?

“岩手雑穀米グラノーラ”見つけました

雑穀グラノーラアイスモッフルに使われているグラノーラは、店頭で購入することもできます。オートミールやクランベリー、パイナップル、アーモンド、かぼちゃの種などが入っています。そのままでもヨーグルトやアイスのトッピングにもぴったりです。ぜひ試してみてください!

sun&moon café(太陽と月のカフェ)

サンアンドムーンカフェ
住所/仙台市青葉区八幡2-16-26 大沼ビル 1F
TEL/022-204-2004
営業時間/11:00〜18:00 
定休日/水・日
Instagram/sun_moon_cafe_sendai

※表示価格はすべて税込みです。
※このページの情報は2024年5月31日現在のものです。
※最新情報はInstagramを確認してください。
【仙臺いろは編集部】【カメラマン 小野寺真希】

ACCESS MAP

この記事をシェアする