Vol.0145
2016.04.11

仙台人気パティスリーの絶品ケーキ6選! ≪今週のカフェ&スイーツ*13話 『ルイ・ドゥ・レトワール』≫

  • Facebook
  • Google
cafe_sweets13-01
甘いケーキを口にする至福のひととき。誰しも「あそこのお店なら間違いなし!」というお気に入りのケーキ屋さんを、ひとつやふたつストックしているもの。
2014年のオープン以来、そんな“私の定番パティスリー”として人気を集めているのが、ここ『ルイ・ドゥ・レトワール』です。この初夏には、藤崎百貨店へ出店が決定! 今後もますますファンを増やしていきそうな同店へお邪魔しました。

cafe_sweets13-02
某グルメサイトでも、常に仙台パティスリーランキング上位に入っているこちらのお店。その魅力はまず、なんといってもビジュアルの可愛らしさ! カラフルな色使い、何層にも積み上がったムースやフルーツ、つややかにコーティングしたゼリー…。目にした人みんなが笑顔になるドリーミーなケーキが並びます。

cafe_sweets13-03
そして見た目の美しさに違わず、お味の方ももちろん一級品。オーナーでありシェフパティシエを務めるのは、東京とフランスのブルゴーニュ地方でパティシエとしての経験を積み、帰国後はウェスティンホテル仙台でオープン当初からシェフパティシエを任されていた加藤稔之さん。

cafe_sweets13-04
豊富な経験と技術に裏打ちされたケーキは、ひとつのケーキの中に様々な風味がしっとりと閉じ込められた繊細な味わい。
はい、もう待ちきれません。常時15種類前後並ぶ絶品ケーキの中から、特別にオススメ6種を加藤さんに選んでいただきました。では早速いってみまーす!


今食べるべきはコレ! 『フレジェ』(¥550)
cafe_sweets13-05
イチゴが美味しい今の季節、加藤さんイチオシなのがこちらのフレジェ。カスタードクリームとバタークリームを合わせたクリームをサンドした、王道のフランス伝統菓子です。フレジェとはフランス語で「イチゴの木」の意味。ショートケーキの元祖と言われているこのフレジェを基本に忠実につくりながら、まったりとしたピスタチオのクリームでアクセントを加えるのが加藤さん流。
 
「濃厚なバタークリームとカスタードクリームはもちろん、生地にはアーモンドをたくさん使っていて素材的にもとてもリッチなケーキです。通年メニューですが、美味しいイチゴが手に入らない時期はお休みすることも。だからイチゴが美味しい今の季節に是非、召し上がっていただきたいですね。僕のお気に入りでもあるんです」だそうですよ。みんな急げー!


目にも爽やか! 『シトロンベール』(¥520)
cafe_sweets13-06
まるで果実のようなつるんとした個性的なドーム型ケーキは、さっぱりと爽やかなライムベース。表面のライムと蜂蜜のゼリーにフォークを入れると、ホワイトチョコレートムース、フロマージュブラン、ライムクリーム、そしてレモンのダックワーズと何層もの生地が現れてびっくり! シンプルな見た目と、ジューシーな中身の味わいとのギャップを楽しみたい一品です。


乙女気分満載❤ 『マコン』(¥500)
cafe_sweets13-07
ベリーのカスタードクリームをバラのマカロンでサンドした、女子ウケ間違いなしのロマンチックなこちらのケーキ。サイドを生クリームではなくチョコレートクリームで飾り、濃厚な口当たりに仕上げたのがポイントです。
ショコラティエとしての修業も積んできた加藤さんは、チョコレートに対するこだわりも人一倍。それぞれのケーキの特徴に合わせ、時には主役として、時には引き立て役として様々なチョコレート使いを工夫しているそう。そんなところに注目してみるのも面白いかも!


カラフルな見た目も◎ 『クリュニー』(¥500)
cafe_sweets13-08
こちらのケーキはすみれのマカロンをチョイス。まったりとしたピスタチオのクリームをマカロンで挟み、トップに酸味の効いたアプリコットのコンポートをon。マカロンとアプリコットの間にサンドしたチョコレートクリームが、個性的なそれぞれの風味を素敵にまとめあげています。出ましたチョコレートマジック!


よくばりさんに! 『ムース ショコラ バナーヌ』(¥450)
cafe_sweets13-10 表面はバナナのムースとミルクチョコレート。中はラズベリーのゼリーとチョコレートバナナクリーム、そしてフレッシュバナナをぎゅっと凝縮。今回の取材で個人的にヒットだったのがこちらでした。ムースやゼリー、クリーム、そして生のバナナといろいろな食感が一度に味わえて、しかもすべてが調和している不思議。ぜひご賞味あれ。


チョコ好きは迷うことなく! 『ノワール・エ・ルージュ』(¥520)
cafe_sweets13-11
最後はショコラティエ加藤さんの集大成というべき一品。フランボワーズとチョコレートのムースに、イチゴやカシス、フランボワーズのベリーが効いています。チョコクッキーをアクセントに混ぜ込み、下地もチョコレート地にするなど上から下までチョコ尽くしのケーキ。様々なチョコレートが口の中で一緒にとろけていく様はやみつきになりそう!

実は期間限定の「桜のケーキ」もお目当ての一つだったのですが、取材に訪れる前になんと完売…。桜が散るまで販売予定とのことなので、気になる方はお店へ急いでくださいね!

cafe_sweets13-12
ショーケースの向かいには様々な焼き菓子がラインナップ。プチギフトにもぴったりです。

cafe_sweets13-13
優雅なアフタヌーンティーを。シャンデリアのインテリア。

“ちいさなおトク”見つけました

cafe_sweets13-14 ブラッスリーを併設している同店は、お食事と一緒にケーキを楽しむことも可能。また、14:30~17:00のティータイムには、とってもおトクなケーキセットがイートインできちゃいます。ケーキ1つとコーヒーか紅茶のドリンクがついて¥800、ケーキ2つの場合は同じくドリンクがついてなんと¥1,000!

ルイ・ドゥ・レトワール

cafe_sweets13-15 022-341-5003
仙台市青葉区堤通雨宮町2-21
11:30~20:00
火曜定休
※価格は税抜です

※このページの情報は2016年4月6日現在のものです。
【ライター 鈴木紘子】【撮影 門山夏子】


ACCESS MAP


  • Facebook
  • Google


PR

PICKUP

毎週火曜 21:54 ON AIR
『仙臺いろは』が「Yahoo!地図」アプリ、無料動画「GYAO!」と連動!

RANKING

NEW POSTS

SNS ACCOUNT

  • youtube
  • instagram