Vol.
2022.07.01

NEW!佐々木先生の【手軽に薬膳】熱中症対策メニュー「熱中症予防ドリンク」

  • Facebook



「誰でもカンタンに作れる薬膳料理」をコンセプトにしたレシピ動画の連載。料理を教えてくれるのは、仙台白百合女子大学 健康栄養学科 教授の佐々木裕子(ささきゆうこ)先生です。

(左)佐々木裕子先生、(右)仙臺いろは組 佐藤友紀乃


今年の夏は猛暑の予感。すでに全国各地で熱中症のニュースが…。そんなわけで、今回の薬膳は「熱中症予防ドリンク」。水分補給かつ、腸の働きを整える「お酢」や、疲労回復が期待できる「クエン酸」を使って、ワンランク上の熱中症対策ドリンクを作ります。


ベースになるソーダには、お酢の中でもクエン酸が多い「黒酢」(黒酢以外のお酢でもOK)に「レモン」の絞り汁でビタミンCとさらにクエン酸を追加し、炭酸水を加えます。


シロップには、今回、抗酸化作用がある「ビーツ」のペーストを使用。はちみつを合わせ、甘さを加えます。シロップはビーツ以外の野菜・フルーツでも代用可能で自分好みのシロップが作れます!


ビーツの鮮やかな赤に、レモンの輪切りを加えれば、見た目も爽やかなトロピカルドリンク風。お酢やレモンの香り・酸味が爽快な味わいです。


材料(1人分)

ベースソーダ

黒酢(有機穀物酢)・・・・大さじ1/2
レモン果汁・・・・・・・・小さじ1と1/2
炭酸水・・・・・・・・・・150cc
氷・・・・・・・・・・・・適量

シロップ・飾り

ビーツペースト・・・・・・10g
はちみつ・・・・・・・・・大さじ1
レモン輪切り・・・・・・・1枚

作り方

  1. 1.グラスに黒酢にレモン果汁を混ぜ、炭酸水を加えベースソーダを作る
  2. 2.ビーツペーストとはちみつを合わせ、のベースソーダに加える
  3. 3.お好みの量の氷を入れ、ゆっくりかき混ぜてレモンを添える


薬膳料理のレストラン「然の膳」


全国の病院に併設されている薬膳料理レストラン「然の膳」では、7月4日(月)から期間限定で、佐々木先生監修の「熱中症予防ドリンク」を提供中。ぜひ、下記の店舗にぜひ足を運んでみてください。

仙台医療センター店、仙台市立病院店、JCHO仙台病院店、船橋中央病院店、松阪中央総合病院店、大阪刀根山医療センター店、岸和田市民病院店、神鋼記念病院店、神戸中央病院店、神戸医療センター店、姫路赤十字病院店

「然の膳」の詳しいお店の場所はコチラをチェック
「然の膳」のオンラインショップはコチラをチェック

※このページの情報は2022年7月1日 現在のものです。
【レシピ監修:然の膳、仙台白百合女子大学 健康栄養学科 佐々木裕子 教授】
【仙臺いろは 編集部】


  • Facebook
毎週火曜 21:54 ON AIR


RANKING

PR

NEW POSTS

SNS ACCOUNT

  • youtube
  • instagram