Vol.
2021.02.26

仙台パン図鑑 vol.28 「日和ベーカリー」 ~ずっと通い続けたい“いつもの”パン屋さん~

  • Facebook
仙台のおいしいパン屋さんをじっくりめぐっていく「仙台パン図鑑」。第28回は、黒松の坂の上のパン屋さん「日和ベーカリー(ひよりベーカリー)」へ。2021年3月でオープン4周年を迎えるお店は、みんなが大好きな定番パンのおいしさにあらためて気づかせてくれる、まちの愛されパン屋さんでした。


定番のパンがおいしい、安心感。

大通りから黒松の住宅街に入り、坂道をのぼっていくと見えてくる、ぽってりとかわいらしい食パンの看板。坂道の途中からここが見えてくると、なんだかうれしくなるから不思議です。ワクワクした気持ちで店内に入ると、真ん中にお行儀よく整列した一番人気の湯種コッペパンたちがおでむかえ。甘い系からしょっぱい系まで、常時20種類ほど。ほかにもあんパンや食パン、カレーパン、ピザなど、だれもがなじみのあるパンがずらりと並んでいます。しかし、定番とあなどることなかれ。ギリギリまで水分量を増やしてミキシングした生地を一晩冷やして焼き上げたパンは、驚くほどしっとりふわふわ。ボリューミーな具材とのバランスも完璧。“いつものあの味”と思って食べると、「なにこれ、おいしい!」といい意味で裏切られるお味なのです。



カフェなどで働いていたものの、もっと日常的なものを求めてパン業界に一歩踏み出したという店主。どんな人の日常にもそっと寄り添う、やさしくてあたたかいパン屋さんに…との想いをこめて、“日和ベーカリー”と名付けたそうです。そんな店主の想いが伝わり、今日もいろいろな人が訪れる「日和ベーカリー」。小銭を握りしめた子どもがおやつパンを買いにきたり、休日にいつものパンを求めてお店のトートバッグを持ったおじさんが訪れたり、女の子たちが“悩んじゃうね”と言いながら楽しそうにパンを選んでいたり―。かわいらしいお店の中は、ほほえましい光景であふれています。しかもお客のほとんどがご近所の常連さん。定番パンのおいしさはもちろん、店主の気まぐれでたびたび登場する新作も、みんなの心をがっちりつかんでいるようです。

「日和ベーカリー」おすすめのパンカタログ

実は当初お店の看板メニューとして考えていたという「日和食パン」(324円)。水分量が多く、練乳やよつ葉バターを使っているので濃厚なお味。トーストはもちろん、そのまま食べてもおいしいリッチな食パンです。キメが細かくしっとりとしたもっちり感の角型、ふんわりとやさしいもっちり感の山型、お好みでどうぞ。



ツヤツヤの焼き上がりがなんともおいしそうな「日和あんパン」(162円)は、あんこも自家製。地養卵や、水のかわりに牛乳を使ってしっとりと焼き上げた生地の中には、北海道産小豆を甘さ控えめ塩気強めに炊いたあんこがギュギュッとつまっています。食パン同様看板メニューとして考えていたというのも納得!さすがのバランスです。



「日和ベーカリー」と言えば「湯種コッペパン」。水分量をギリギリまで増やし、小麦粉を熱湯でこねた湯種を入れて仕込むので、驚くほどもっちりふんわりとしたパンです。甘い系の一番人気は「ピーナツクリーム」(216円)。濃厚な粒入りピーナツクリームが背割りのコッペパンから控えめにのぞく、かわいらしい一品です。



「湯種コッペパン」のしょっぱい系で人気なのは、「特厚エビカツサンド」(410円)。分厚いエビカツに千切りキャベツとタルタルソースをサンドしたコッペパンは、はち切れる寸前!という感じですが、安定のおいしさと歯切れのよさで、しっかりと具材の旨みを引き立てています。ボリューム満点につき、両手でしっかり持って食べるのがおすすめ。



2021年3月9日は定休日のため、ひっそりと4周年を迎える「日和ベーカリー」。時間がたってもおいしいパンばかりですが、やっぱり一番は焼きたて!土日も7時半からオープンしているので、早起きして朝ごはんに焼きたてパンはいかがでしょうか。パンダと食パンのアイコンがプリントされた「日和のトートバッグ」(540円)を持ってきた人は、お会計から10円引きのサービスも!駐車場はお店の横に1台分ありますが、坂道の途中にある駐車場の方が停めやすいので、ぜひお店までの道をわくわくしながらのぼってみてください。

【パン語解説】
取材中に登場した、知っているようでうまく説明できないパンの専門用語をざっくり解説します。

●角型・山型
食パンにはしっかりとした四角の「角型」と、上部がこんもりふくらんだ「山型」があります。角型は型にフタをして焼き上げるため、密度が高く、しっとりもっちりとした仕上がりに。一方山型はフタをしないのでフワッとふくらみ、やわらかな口当たりの食パンになります。「日和ベーカリー」はどちらも同じ生地を使っていますが、焼き方によって食感が変わるので、その違いを楽しんでみるのもおすすめです。

日和ベーカリー

住所/仙台市泉区黒松2-19-10 白鳥ビル1F
電話/022-347-4935
営業時間/7:30~18:00
休/月・火曜(祝日の場合は営業、翌日休み)
facebook/ https://www.facebook.com/hiyoribakery
Instagram/ @hiyoribakery

※営業時間の変更や臨時休業の情報はfacebookInstagramで要確認

※このページの情報は2021年2月26日現在のものです。
【ライター 佐々木綾】【カメラマン 小野寺真希】

ACCESS MAP

  • Facebook
毎週火曜 21:54 ON AIR


RANKING

PR

NEW POSTS

SNS ACCOUNT

  • youtube
  • instagram